2010年01月12日

ご当地名産品「ゆるキャラメル」発売、第一弾は…(産経新聞)

 ゆるキャラとして親しまれる全国のご当地マスコットキャラクターをテーマに、ナムコ(東京都大田区)はオリジナルキャラメル「ゆるキャラメル」をプロデュース。第1弾として徳島県の「すだちくん」(すだち味)、鳥取県の「トリピー」(20世紀梨味)、三重県の「シロモチくん」(いちご大福塩味)の3種類を発売した。

 ゆるキャラゆかりのご当地名産品の風味を楽しめる、生キャラメルのような「ゆるい(やわらかい)食感」が商品コンセプト。パッケージにはゆるキャラのプロフィルと観光情報が書かれ、徳島のすだちくんは阿波おどりと鳴門の渦潮、鳥取のトリッピーは鳥取砂丘など各地の名所とともに、ご当地代表の「ゆるキャラ」の愛くるしい姿がデザインされている。おまけとしてシールも付いている。

 同社は各地の土産品としてだけでなく、各地のゆるキャラを題材にシリーズ化し、コレクションとしても楽しめるようにする方針。

 1箱60グラム入り。価格はオープンで350〜400円。全国の土産物店や雑貨店などで販売している。

【関連記事】
「返事は待ってにゃん」滋賀・彦根のひこにゃんに年賀状4600通
ゆるキャラ「いしきりん」でPR 東大阪・石切神社の参道
名古屋の「はち丸」と松江の「あっぱれくん」が対面 島根
宮城・白石市がアニメ拠点!? 大手制作会社進出
非常食持つゆるキャラ…「さばトラななちゃん」小浜市が公認

今日からおれは
まさひろのブログ
カードでお金
現金化
競馬サイト
posted by とびまるさすけ at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舛添氏「必要なら政界再編遂げたい」 自民党仕事始めに出席後(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は5日午前、党本部で開かれた「仕事始め」に出席した後、記者団に対し「党内でやるべきことはやるが、大きな政治のうねりの中で行動すべき時は行動する。最終的には政界再編という大きな目的を遂げたい」と語った。

 舛添氏は「小沢一郎民主党幹事長は自民党の最も古いやり方を踏襲しており、(与野党問わず)新しい感覚で政治をやる人との糾合も必要だ」と指摘。さらに「古くなって国民から見捨てられた政党を再生してもだめだ。新しく作るぐらいの気構えがないといけない」とし、新党を結成する可能性に言及した。

 仕事始めでは、谷垣禎一(さだかず)総裁があいさつし、政府・与党の政治姿勢について「どうやって景気の二番底を防ぐかの政策がまったくない」と批判した上で、今夏の参院選の勝利に全力を尽くす決意を述べた。

【関連記事】
自民党執行部は「田舎者の集団」 落選の中山泰秀氏
落選議員のいま 中山泰秀氏「鳩山首相はけしからん」
舛添氏、自民に必要なのは「独裁的指導者」
舛添前厚労相が自民再生へ「政治塾」開講
舛添新党警戒 人材育成が主目的という「勉強会」本当の狙い

まのりのブログ
債務整理マスター
現金化口コミ
ショッピング枠現金化
競馬情報
posted by とびまるさすけ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。