2010年02月09日

小沢氏立件なら議員辞職も=民主渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は2日、資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で小沢一郎幹事長自身が立件された場合の同氏の進退について「(幹事長辞任は)当たり前。場合によっては議員辞職もあるだろう」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

【中医協】診療所や介護事業所を含めたパスも評価へ(医療介護CBニュース)
両堂記 東大寺二月堂全焼時の様子、詳細に 奈良博で公開(毎日新聞)
宇宙産業で合同ミッション=アフリカに初の売り込み(時事通信)
ブログで運動OK ネット選挙解禁へ改正案 民主研究会が要綱(産経新聞)
党首討論、17日で大筋合意(時事通信)
posted by とびまるさすけ at 07:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。