2010年02月18日

両親、元市職員らを提訴=3児死亡飲酒事故−福岡地裁(時事通信)

 福岡市で2006年、幼児3人が死亡した飲酒運転事故で、3児の両親が17日までに、車を運転していた元市職員今林大被告(25)=二審で懲役20年、上告=ら5人を相手取り、計約3億5000万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こした。提訴は5日と9日付。
 両親の代理人弁護士によると、今林被告のほかに、同乗男性2人と車を所有していた被告の父親に対し、慰謝料などを請求。また、飲酒検知前に水を飲ませた知人男性についても、200万円の賠償を求めている。 

【関連ニュース】
死亡ひき逃げ過去最少=大阪、愛知で大幅減
飲酒で免職、最多16人=警察の09年懲戒処分
「フリー」が期間限定びん=ハンドルキーパー運動を推進
飲酒運転で女性はねる=引きずりながらUターン
被害者参加、二審は実刑=死亡ひき逃げの男

<紅白梅図屏風>「金泥でなく金箔使っていた」研究者が発表(毎日新聞)
<網走監獄>設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)
鳩山首相 母に金無心? 本人は「作り話」と強く否定(毎日新聞)
小1虐待死の継父、強盗容疑で近く再逮捕へ(読売新聞)
フィリピン スラムに救援拠点…映画監督の四ノ宮浩さん(毎日新聞)
posted by とびまるさすけ at 09:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。